リラクミンSeでセロトニン不足を解消

神経伝達物質のセロトニンが不足すると、夜に眠れなかったり、朝起きたときに体が重く感じることがあります。今回は、セロトニン不足の対策ができるリラクミンSeをご紹介します。

セロトニンで心のバランスを整える

セロトニンは心のバランスを整える作用のある神経伝達物質です。セロトニンが不足すると、不安な気持ちになり、体に不快な症状が現れるようになります。

セロトニン不足によるイライラや憂鬱、夜に眠れないなどの症状を改善すため、天然ハーブ素材が注目を集めています。

3つのリラックス成分でセロトニン不足対策

リラクミンSeには3つのリラックス成分が最適なバランスで含まれています。

1つ目の成分は心のハーブ素材として注目されているラフマ葉エキスです。2つ目の成分は、ラフマ葉エキスとの相乗効果を得られるリラックス成分のギャバです。

3つ目の成分は伝統料理として沖縄に古くから伝わるクワンソウです。クワンソウは、夜の休息や憂鬱、リラックスのための成分として注目されています。

錠剤タイプで飲みやすく

リラクミンSeは、飲みやすい錠剤タイプです。一日2粒を目安に摂ることで3つのリラックス成分とビタミンB群を補うことができます。

睡眠やストレス、憂鬱など、セロトニン不足による症状が気になる方はぜひお試しください。

投稿者プロフィール

タロー
タロー
40代男性。IT自営業。テニスと家電が趣味。残りの半生、仕事と趣味を両立させて自分らしく生きようと思い、10年前に独立。もがきながらも自分らしく生きている気がする今日この頃。