焚き火で充電もできるグッズ


仕事や日々の暮らしで疲れた時に、アウトドアでアクティビティや焚き火を楽しむというのはとてもリフレッシュになります。
ただ、野外だとスマートフォンなどを充電できる場所が少ないというのが難点ですよね。そこで今回はUSB充電ができるという面白い焚き火グッズをご紹介します。

アウトドアでも充電の心配不要なアイテム

「BioLite(バイオライト)」が販売する「キャンプストーブ2 PLUS」は、焚き火で発生する熱エネルギーを電気に変換して、スマートフォンなどを充電できるというアイテムです。
PLUSは、焚き火で発生した熱から電気を生み出し、その電気で送風ファンを回転させ、そのファンが焚き火に空気を送りよく燃えるようにする…とエネルギーを循環させ、発電と効率のよい燃焼を実現しています。

発電した電気は本体に内蔵されたバッテリーに蓄えておくことができるので、焚き火をしていないときにもモバイルバッテリーと同じように使うことができます。

充実のオプションアイテムでさらに楽しめる

キャンプストーブ2 PLUSには、調理用のオプションアイテムが充実しています。おいしいバーベキューが楽しめる専用の焼き網、防風性に優れ素早い調理が可能なケトルポット、さらにケトルポットをコーヒーメーカーとして使用できるコーヒープレスといったオプションアイテムがあります。
これから初めてキャンプストーブを使ってアウトドアを楽しみたいという方には、ぜひオプションアイテムもセットで用意してみてください。

アウトドアはもちろん災害時にも

キャンプストーブ2 PLUSはアウトドアはもちろん、災害時に停電が長期化してしまったときにも心強いアイテムになります。
災害時は周りの情報が手に入るととても心強いですが、頻繁にスマートフォンを使うとバッテリーの残量が気になります。
そんな時に、お湯を沸かしたり、調理もできる、さらに充電もできるこのキャンプストーブはとても役に立ちます。

キャンプストーブ2 PLUSに興味がある方はこちらの動画もぜひ

「BioLite」のバーベキューコンロFirePit


上記で紹介したキャンプストーブ2 PLUSと同じメーカーが販売しているバーベキューコンロです。バッテリー駆動の送風ファンがついていて、煙の少ない焚き火が可能です。ギア好きな方は一度チェックしてみてください。

焚き火USB発電『こばこ』vs BioLite


焚き火で発電できる『こばこ』とBioLiteを比較した動画です。USBファンを回して実際どうなのという部分や、どうして人気なのって部分や使い勝手の良しあしなどを率直に語っています。焚き火でUSB充電という同じコンセプトのギアですが、大きさや使い勝手などの比較ができるので興味がある方は参考になること間違いなしです。

ソーラーパネルでポータブル電源を充電する動画


電源で充電できない環境の場合は、最初に思いつくのはソーラーパネルで充電する方法じゃないでしょうか?こちらは、実際にソーラーパネルでポータブル電源を充電しながら庭でキャンプをするという動画です。

アウトドアをしてみたいけどスマホの充電ができないと不安だという方、ぜひこのアイテムでアウトドアを楽しんでみてください。

投稿者プロフィール

タロー
タロー
40代男性。IT自営業。テニスと家電が趣味。残りの半生、仕事と趣味を両立させて自分らしく生きようと思い、10年前に独立。もがきながらも自分らしく生きている気がする今日この頃。