睡眠時や瞑想に優れた効果を発揮するサンダルウッド

ウッディーな香り サンダルウッド

お香の香りとして古くから日本でも親しまれてきたサンダルウッド(白檀)。安心感を与える深いウッディーな香りは、睡眠時や瞑想に優れた効果を発揮します。日本では枕の下にサンダルウッドを敷き、安眠効果を高めるために使用されていました。

深いリラックス効果のほか自然治癒力を高める効能や免疫力を高める効能があります。

サンダルウッドの効能

サンダルウッドには強い鎮静作用があり、深いリラックス効果があります。興奮を鎮め穏やかな気持ちにさせてくれます。

また殺菌作用、免疫力を高める作用を持ち、喉の痛みや膀胱炎を緩和すると言われます。皮脂の分泌を整え乾燥を潤す効果が認められており、肌への効果も期待できます。

サンダルウッドの付帯情報

仏教やヒンズー教の寺院で使用されるほか、家具の材料など、様々な用途に使用されていました。近年では数が減り、伐採制限がされるようになったため貴重な植物となりました。精油は樹齢50年ほどの成熟した樹木からのみ抽出されます。

原産国はインド、インドネシア、ニューカレドニアで、現在では精油のほかインドや中国などで宗教的儀式に使用されており、インドでは瞑想時に欠かせない香りとなっています。

サンダルウッドの作用

安眠、ストレス、心配、不安、喉の痛み、膀胱炎、乾燥肌、シワ・タルミ、ニキビ

深いリラックス効果を得られるサンダルウッド

甘みを含んだ深いウッディーな香りでリラックス効果を持つサンダルウッド。忙しい毎日から解き放たれ、ゆっくり自分を見つめ直す効果が期待できます。ティッシュペーパーなどに染み込ませ芳香浴すると、手軽に高いリラックス効果を得ることができますので、ぜひ試してみてください。

投稿者プロフィール

タロー
タロー
40代男性。IT自営業。テニスと家電が趣味。残りの半生、仕事と趣味を両立させて自分らしく生きようと思い、10年前に独立。もがきながらも自分らしく生きている気がする今日この頃。