美白に効く、ビタミンC誘導体について

ビタミンC誘導体って何?効果や注意点は?
美白効果、シミの原因にもなるメラニン色素を抑える効果があるビタミンC誘導体ですが、通常のビタミンCとは何が違うのでしょうか?今回は、ビタミンC誘導体の情報をまとめましたので紹介します。

美白に効く、ビタミンC誘導体とは?

ビタミンCがお肌を綺麗に保つ役割があるのは、周知の通りですが、ビタミンCのひとつの欠点として、成分自体がもろく壊れやすいということが挙げられます。

よって、ビタミンCをそのまま化粧品に配合しても、お肌に上手に浸透せずに、あまり効果が期待できないということが昔はあったのです。

そんな、ビタミンCを人工的に改良して、化粧品に配合しても、その効果を安定させることを目的とした成分がビタミンC誘導体ということになるわけです。

ビタミンC誘導体は肌に馴染みやすい

ビタミンC誘導体の良いところは、お肌に浸透するだけではなく、浸透してからビタミンCに変化するというところです。

要は、保存状態などを高めた形で化粧品に配合しておき、いざ、お肌に浸透してから、本来のビタミンCの働きである、繊維芽細胞の働きを活発にして、コラーゲン、ヒアルロン酸など美白になるための成分を生成します。

ビタミンC誘導体は肌への刺激が強い

ビタミンC誘導体のデメリットとして、お肌への刺激が強いというところがあります。ビタミンC誘導体は、皮脂の分泌量が少ない方ですと、その刺激の強さから、お肌を乾燥させてしまうといったことがあります。

乾燥肌になると、肌がカサカサしたり、かゆみをともなったりなどするため、肌年齢を低下させる原因にもつながります。

お肌が乾燥気味の方などは、ビタミンC単体ではなく、保湿力の高い成分と一緒に使用することをおすすめします。

ビタミンC誘導体と肌の保湿力が高い成分を一緒に使う

化粧品選びの際に、ビタミンCが含まれているものを購入しようと思ったら、ビタミンCを直に配合している化粧品ではなく、ビタミンC誘導体と記載されている商品を選んだほうが、本来のビタミンCの美白効果というのが期待できます。

また、その際には、保湿力が高い成分が一緒に含まれているものを購入するほうが良いでしょう。

シミなどの原因になるメラニン色素を抑える効果などが期待できるビタミンC誘導体ですが、保湿力に関しては高くないので、この点は、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンなどに助けてもらうのがベストです。ぜひ、参考にしてみてください。

投稿者プロフィール

タロー
タロー
40代男性。IT自営業。テニスと家電が趣味。残りの半生、仕事と趣味を両立させて自分らしく生きようと思い、10年前に独立。もがきながらも自分らしく生きている気がする今日この頃。