睡眠不足がお肌のトラブルになるその理由を知っておこう

睡眠不足は、お肌のトラブルの原因になるのはご存じかと思います。原因は、お肌を綺麗に保つ体内のホルモンの分泌量などが不足するためですが、不足する理由のひとつに睡眠不足が関係しています。今回は、睡眠不足とお肌のトラブルの関係をまとめましたので紹介します。

睡眠不足がお肌に悪影響を与える理由とは?

美白睡眠影響睡眠不足がお肌に悪影響を与える理由は、成長ホルモンの分泌量が関係しています。成長ホルモンは、お肌の細胞はもちろんのこと、私達、人間の全細胞の新陳代謝を活発にして、新しい綺麗な細胞を日々、作り出しているのです。

つまり、成長ホルモンが正常な分泌をしている方というのは、お肌の見た目もそうですが、体内も健康的で綺麗ということになります。

この成長ホルモンの分泌が不足している方というのは、睡眠の質が浅いか、又は、成長ホルモンが豊富に分泌される、22時~2時の時間帯は毎日起きている方ということになる可能性が高いと思われます。

睡眠不足によるお肌のトラブルは細胞の新陳代謝が関係しているものですので、ニキビや乾燥肌、シミ、くすみなど、美白の大敵とも呼べる症状が全て現れる可能性もあるため、意外と怖いものでもあります。

ならば、睡眠不足を解消しよう!

『睡眠不足を解消しろといわれても、いきなりは難しいし、元々、不眠で悩んでいるから無理だよ』と思われると思います。このような方達に、睡眠の質を高める方法がいくつかありますので紹介しましょう。

まずは、普段の食生活から睡眠不足を改善できる方法ですが、睡眠の質を高めるメラトニンの分泌を促す食べ物や飲み物を摂取してください。メラトニンが体内で正常に分泌されることにより、睡眠の質が高まり朝までぐっすりと眠れる可能性がアップします。

また、成長ホルモンの分泌が盛んになる時間帯というのが、眠り始めてから、3~4時間後といわれているため、浅い眠りではなく、質の高い深い眠りにする必要があります。

お肌の細胞の新陳代謝には、この質の高い睡眠というのが、欠かせないため、普段の食生活などに気を使いながら、メラトニンの豊富な分泌を促し、翌日に疲れが残らない睡眠を心がけるようにしましょう。

具体的な食べ物の種類ですが、肉類や魚類などが、メラトニンの生成に大きく関与する、トリプトファンという成分を豊富に含んでいます。その他では、納豆などの大豆製品も代表的です。また、睡眠前に一杯のホットミルクも効果的です。

ホットミルク美白牛乳などの乳製品にもトリプトファンは含まれていますが、極力、ホットで飲むようにしましょう。理由としては、冷たいものを寝る前に飲むと胃腸などがビックリしてしまうため、体が落ち着かない状態となってしまいます。

寝る前は、神経も落ち着かせる必要があるため、体に余計な負担をかけないというのも大事となってきます。

夕食の時間を見直そう

成長ホルモンが盛んに分泌される、22時~2時までに眠りにつくには、夕食の時間帯というのも非常に大事となってきます。

一般的に睡眠前の3時間前には、夕食を済ませておくことがベストだといわれており、理由としては、食べ物を胃が消化・吸収する時間が、それなりにかかってしまうからです。実は、胃が、食べ物を消化するには、3~6時間ほどかかります。

当然、この消化している間の体内は、大量の胃液が分泌されていたりするため、体が落ち着いていない状態です。

また、メラトニンの分泌を促す食べ物も、すぐには効果がでることはなく、消化・吸収を経て、作用してくるため、逆算して、大体、睡眠3時間前に夕食を済ませておくことがベストだと考えられています。

規則正しい生活を心がけて美白を目指そう!

今回は、睡眠不足とお肌のトラブルについてまとめましたが、規則正しい睡眠は、体内時計も正常になり、お肌のみならず、あなたの体の健康状態を良好にしてくれるため、睡眠にしても食生活にしても継続ということが大事となってきます。ぜひ、試してくださいね。

投稿者プロフィール

タロー
タロー
40代男性。IT自営業。テニスと家電が趣味。残りの半生、仕事と趣味を両立させて自分らしく生きようと思い、10年前に独立。もがきながらも自分らしく生きている気がする今日この頃。