言葉に振り回されない デジタル用語

インターネット関連の用語って日々増え続けていますよね。

特に新しい技術や考え方ではなくても、
昔の考え方や視点を変えたり、言い方を英語にしてみただけで
新しい言葉になり、人々の知的好奇心を呼びます。

広告、経済、流通、貿易、法律・・・業界によって専門用語は沢山存在し、
特にアメリカは英語の頭文字3文字を使うのが好きなようなので(CEO、TPPとかね)
これでもかという位、3文字略語がありますね。

言葉はどんどん生まれ、市民権を得たものが採用されていくわけで、
気にする事ではないと思う。

ところで、DSP(ディマンドサイドプラットフォーム)って、
音楽をやっていた私にとっては、デジタル・サラウンド・プロフェッサーとしか思えません(汗)

http://www.advertimes.com/author/digital_marketing/

投稿者プロフィール

タロー
タロー
40代男性。IT自営業。テニスと家電が趣味。残りの半生、仕事と趣味を両立させて自分らしく生きようと思い、10年前に独立。もがきながらも自分らしく生きている気がする今日この頃。