深い眠りへ導く テアニン

お茶に多く含まれることで知られるテアニン。テアニンには、緊張を解き、ストレスを緩和する作用があり、リラックス効果や精神的安定をもたらす効果があるとされます。

テアニンを摂取することで脳内がリラックスしている際に発するα波が増えることが認められており、入眠を助け、深い眠りへ導く効果があります。

神経の高ぶりを鎮めるテアニン

テアニンは中枢神経に働きかけ、神経の高ぶりを鎮め、気持ちを落ち着ける効果があるとされます。そのため、寝つきが悪い際や、眠りが浅い場合に摂取することで、スムーズな入眠を促し、深い眠りへと導く効果があります。

緊張や不安を和らげる作用があり、精神を安定させることで集中力を高める効果があります。また、筋肉弛緩作用も認められており、高血圧の予防や冷え、むくみの解消にも効果があります。

時間によって効果が変わるテアニン

テアニンは緑茶に含まれるテアニンは、緑茶をはじめとするお茶類に多く含まれています。また旨味、甘味を引き出す成分として様々な調味料や食品にも使用されています。

またテアニンは摂取する時間によって効果が変わり、昼間に摂取すると集中力を高めるなどの効果が発揮され、夜間に摂取すると気持ちを鎮め安眠を促すと言われています。

テアニンの作用

不眠、ストレス、月経前症候群、更年期障害、高血圧、冷え、むくみ

睡眠の質を改善するテアニン

緑茶を飲む習慣がある日本人にとってテアニンは摂取しやすい成分と言えます。テアニンは50〜60度以上のお湯で多く抽出できると言われています。しかし、緑茶にはカテキンやカフェインなど眠りの妨げとなる成分が含まれているため、睡眠の質を改善するためにはサプリメントで摂取することをおすすめします。

投稿者プロフィール

タロー
タロー
40代男性。IT自営業。テニスと家電が趣味。残りの半生、仕事と趣味を両立させて自分らしく生きようと思い、10年前に独立。もがきながらも自分らしく生きている気がする今日この頃。