体内リズムを整える メラトニン

メラトニンは「睡眠ホルモン」と呼ばれ、夜間に多く分泌されています。朝、太陽の光を浴びることで分泌が止まり、体内のリズムが整えられると言われています。ストレスなどで体内のリズムが崩れるとメラトニンの分泌が減り、睡眠障害が起きるとされます。

メラトニンの原料は、非必須アミノ酸の一種であるトリプトファンです。トリプトファンが増えることによってメラトニンの生成量も増えるとされています。

スムーズな入眠を促すメラトニン

体内リズムを調整するメラトニン

体内リズムを調整するメラトニン

メラトニンは、眠りが浅い、中途覚醒を起こすなどの睡眠障害、生活のリズムが不規則な場合や時差ぼけなどで体内のリズムが安定していない場合に効果を発揮します。

就寝前にメラトニンを摂取することで、体内のリズムが調節され自然に眠りへと導き、眠りの質を高める効果があるほか、免疫力を高める効果があります。

加齢とともに減少するメラトニン

メラトニンは子供の頃に多く生成さて、加齢とともに減っていきます。加齢とともに睡眠時間が少なくなり中途覚醒などの障害が起きるのは、メラトニンが減少しているからだと言われています。

アメリカではサプリメントとして比較的簡単に摂取することができますが、日本では医師の処方箋が必要となります。

メラトニンの作用

不眠、ストレス

時差ぼけや不眠症に効果があるメラトニン

体内のリズムを改善する効果があり、海外では時差ぼけ対策として利用されています。 スムーズな入眠効果があり翌朝の目覚めも快適なことから、日本では不眠症の改善や入眠を助ける医薬品として使用されています。

投稿者プロフィール

タロー
タロー
40代男性。IT自営業。テニスと家電が趣味。残りの半生、仕事と趣味を両立させて自分らしく生きようと思い、10年前に独立。もがきながらも自分らしく生きている気がする今日この頃。