テニスで体が先に開いてしまう時の対処方法

こんにちは、タロー@テニス歴10年です。

テニスの試合で体が開いてしまう原因が分かりました。

今日はその解説です。

週末は草テニスの試合でした。

結果は散々たるもの・・・

あ、ほぼ毎回そうですが(笑)

なにせ、ボールがミートしない

打てばホームランばかり

直そうと思うと全部ネット

これでは勝ち目がありません。

試合中ずっとそうでした。

集中力なのか?

緊張しているからなのか?

体調は悪くないはずだ!

試合前の練習ではそんなことなかったのに・・

自問自答をしますが

いっこうに直る気配がなく、

「今日は調子が悪かった」

と言って終わってしまいます。

いつもこのような感じなので

原因を探ってみました。

「事前の練習では大丈夫だったのに!」

「試合の後半で調子が戻ってきた!」

このような場合は、ボールの弾み方の違いが原因です。

つまり、練習球は弾まないボール

試合球はよく弾むニューボール

これが原因で、

「なんか分からないけど調子が悪い」

という現象が起こるのです。

どういう事か説明します。

いつもよりボールが弾む

いつもより、ボールのスピードが出る

高くバウンドする

回転量が増える

タイミングが遅れる

打点が高くなる

打つとホームランになる

インパクトの時に体が開いてしまう

という感じです。

体が開いてしまうというのは

状態が反れてしまう場合と、

インパクトの前に体が前方に出てしまって

踵が浮いてしまう場合があります。

前者は、骨盤が上を向いてしまい

後者は、骨盤が水平を保てていない状態です。

よく、テニスのコーチから、

「踵が浮いているよ」とか

「状態が上を向いているよ」とか

「体が開いてるよ~」とか

言われているのがそうです。

これらの原因はどれも一つです。

骨盤です。

このサイトでも何度も言っていますが

骨盤です。

「骨盤を水平に保つこと」

これだけ意識すればいいです。

胸とか踵とか膝とかあちこち意識していたら

意識が分散してしまいますし、

そもそも、そんな器用ならテニスで困りませんよね(笑)

まずは骨盤を地上と水平に回転させること

これだけ守ろうと思います。

骨盤を水平に回すイメージは

でんでん太鼓です。

体の軸を中心に腕を回します。

軸がぶれると

太鼓は叩けなくなります。

次回は

でんでん太鼓を意識して

試合に臨みます。

投稿者プロフィール

タロー
タロー
40代男性。IT自営業。テニスと家電が趣味。残りの半生、仕事と趣味を両立させて自分らしく生きようと思い、10年前に独立。もがきながらも自分らしく生きている気がする今日この頃。