自ら学び上達する

テニスの試合で負けたり、ショットがうまくいかなかったりすると、「どこかにいいコーチがいないかなぁ」とか「個人レッスンを受けようかなぁ」と呟く人が多いです。みなさんはどうですか?

私はそういう考えはやめて、「脱・テニススクール」の道を選びました。しばらくは、スクールに行く必要はないと思っています。最初のうちは「心配じゃない?」「上達するの?」などと言われていましたが、今は逆に「スクールに通っていないのにうまくなってない?」と言われるようになりました。

「脱・テニススクール」を経験したうえでのメリットやデメリットをまとめましたのでご覧ください。

そもそも、「脱・テニススクール」とは

「脱・テニススクール」とは、スクールに通っていた人がスクールを自ら卒業し、自立してテニスを行うことです。上達の意欲がなくなったり、上級コースを極めてしまったのでもう上達する必要がないという理由ではありません。あくまでも、スクールやコーチの指導をうけることなく自らの力で上達すると決めてテニススクールを辞めた人です。

きっかけは、どうしても越えられない壁にぶち当たった頃からです。壁は、「自分なりのスイング(ラケットワーク)がいつまでたっても確立しないこと」でした。

子供のころからスポーツをやっていたり、運動神経が抜群でなんでもスポーツができてしまう人は、そういう壁はないかもしれませんが、私の場合はこういった基礎的な所を見直す必要がありました。かといって、初級クラスに戻るのはクラスメイトのレベルが下がるのでちょっと違います。

コーチは万能ではないと気付いた

パワーショット、コントロールショット、エッグボール、ロブ、スライスなど、テニスにはたくさんのショットを使い分ける必要があります。こうしたショットを安定させるには相当な技量=テクニックが必要なのですが、その「技量」はスクールでは完璧に教えてくれることはないのです。

正確には、「教えない」のではなく「教えきれない」かもしれません。プレーヤーによって求められる技量がまったく違うから教えられないのです。(コーチとの相性もあります)

体の使い方の癖、その日の体調、ラケットの種類や重さ、スポーツの経験、日ごろの運動量、食事など、様々な要素がからむわけですから、正しい指導ができるわけがないのです。ましてや、子供の頃から運動ができたコーチは体の使い方がわかっているので、その点を理解できない人が多いのも事実です。

これらの「心・技・体」を体得していて、かつ、多くの生徒に指導ができている人は、テニスコーチの中でも数パーセントしかいないと思っています。よく、ころころとコーチを変える人もいますが、確率的にめぐり合う事はないと言えます。

「自宅トレーニング」に変えた

私は、この点に気づいたことでテニススクールをやめました。独学で学び、「自宅トレーニング」に変えました。冒頭で述べたように、今では、スクールに通っていた頃よりも数段と上達しました。自ら学び、自ら鍛える事で、テニス以外の日常生活や仕事においても良い影響を与えている気がします。

「自宅トレーニング」の最大のメリットは、『自分と向き合いえること』です。自分で自分の強みと弱みを見つけ出し、それに、見合ったトレーニングを行います。修正→検証の繰り返しの作業です。練習というよりは「作業」です。スクールに通っていると、この「作業」が抜けてしまいます。言われたことをやっていればよいという安心感があるからです。

「脱・テニススクール」のメリット

書き出すと長くなるので箇条書きで書き出していきます。
・壁を越えられる。突破する力がつく
・体の使い方が分かり技術力が上がる
・テニスやプレーヤーに必要な知識が増える
・相手を知る事ができる
・効率良い練習が行える
・お金(スクール代)がかからない

「脱・テニススクール」のデメリット

・スクールでプレーしている所を見ると楽しそうに見える(笑)
・テニスをする時間が減る場合がある
・定期的な運動ができなくなる場合がある

メリットが多いのは分かったけど、「自宅トレーニング」は具体的にどのような練習をしているのか?細かい事はこのブログで紹介してきます。

投稿者プロフィール

タロー
タロー
40代男性。IT自営業。テニスと家電が趣味。残りの半生、仕事と趣味を両立させて自分らしく生きようと思い、10年前に独立。もがきながらも自分らしく生きている気がする今日この頃。