速いボールを打ちたくて、空中ブランコスイングを覚えた

速いボールを打つには、脱力するといいそうです。

「速く打つという事は力を入れることじゃないの?」

多くの方がこう思われているのではないかと思います。

そこで、駒田先生曰く、『ブランコスイング』

「自分で振るのではなく、重力と遠心力を使うのだ!」、つまり、脱力して、ラケットと腕の重みを利用するという事です。

なるほど! これなら納得です!

私は、テイクバック時に、空中ブランコでパートナーが自分のブランコをひっぱっているイメージをしています。

このイメージが大事。これで2時間フルで練習しても腕が痛くなくなりました。

※ブランコの事は1:40

投稿者プロフィール

タロー
タロー
40代男性。IT自営業。テニスと家電が趣味。残りの半生、仕事と趣味を両立させて自分らしく生きようと思い、10年前に独立。もがきながらも自分らしく生きている気がする今日この頃。