テニスの試合でチキンショットにならないために

記事の一番下にYoutube動画があります。

Youtube動画で学んでテニスを上達させましょう!!

今日の試合も惨敗でした。

惨敗の原因はチキン・ショット。

コートに入れようとして

当てに言ったり

相手に圧倒されて

腰が引けてしまったり・・・

スイングが小さくなって

結局ホームランや

ネットにひかっかります。

周りの人からも

振れてないよ

と言われてしまう始末。。。

メンタルが弱い・・・

そう言ってしまえば

そうなんですが

そういってても始まりません。

試合中にメンタルを直す事は

難しいこと

体とメンタルはつながっています。

メンタルが弱っている時は

体が硬くなっていて

力が入らない状態

体が縮こまっていたり

腕だけでラケットを

振っている状態

ならば、強引に

ラケットを振るように

意識するしかありません。

とはいえ、

体が硬くなっている状態で

思いっきり振る方法はあるのでしょうか。

弱気→小さいスイング→

小さいスイングでミス→

更に弱気????

この負のスパイラルから

抜け出す方法は

自然に力が加わるスイングする

ことです。

その方法は左手を使う事です。

(左利きの人は右手)

左手を思いっきり使うと

体の回転が加わり

意識してスイングをしなくても

自然に力強いスイングになります。

左手がおろそかな人は

体が硬直しています。

腰にも力が入っていません。

左手がぶらーんとなっている人は

体が正しく回転していません。

フォアハンドの場合は

左手をぐるんと回します。

両手バックハンドの人は

左手を思いっきり引く

片手バックハンドの人は

スイング後に左手を

思いっきり開く

このように試合中に

左手を思いっきり使う事で

思い切ったスイングをすることになり

メンタルの改善が期待できます。

この動画を何度も見て

イメージを深めてください。

正しいテニスの動画を見て

体にしみこませましょう。

投稿者プロフィール

タロー
タロー
40代男性。IT自営業。テニスと家電が趣味。残りの半生、仕事と趣味を両立させて自分らしく生きようと思い、10年前に独立。もがきながらも自分らしく生きている気がする今日この頃。